2020-2021 SIAひるがの高原プロスキー&スノーボードスクールBFF(ひるがのスクール)公式ページ

Sorry, this page is japanese only.
2021season

春スキー、スノボ気分

この時期味わえる独特のコンディション。

楽しんでいるのはウィンタースポーツなのに、

気分はスプリング。

この時期の楽しさは、技術云々よりも高揚する気分。

ゲレンデの多くは地肌が見えてきましたが、

その方が春っぽくていいかも。

春を感じる地肌を横目に、山頂から気持ち良い滑走が楽しめる

now=spring気分!

↓白山、takasu-SPも春っぽく写るようになってきました。

2021.0315 午前11時頃、クワッドリフト降り場より撮影

笑顔

2月最後の日曜日。

ゲレンデは昨日に続き、

滑走性の良い硬めのコンディション。

今日の検定会には講習付でご姉妹が参加されました。

午前・午後とレッスンを受けられ、

検定ではしっかりと練習した成果を披露。

結果は加点有りの楽々合格。

おめでとうございます。

結果発表直前の緊張した顔があるから、

「合格です」の声を聞いた瞬間の笑顔がより映えます。

スクール前は笑顔咲く明るいゲレンデに見えました。

これからもお二人で仲良く、

そして笑顔で楽しんでくださいね。

当校の利用ありがとうございました。

夢(目標)と情熱…検定編

2月もあと2日。

2021年元旦に、

「今年の目標とか夢」を考えたりしたのかなって今思っても、

何も思い浮かばない今日。

何故こんなことをふと思ったかというと、

今日スキー検定があったから。

「検定合格するぞっ」ていう目標と、

その目標に対する情熱。

今日の検定参加者は、

その二つを持ち合わせているんだなって感じる生徒さん。

検定結果は「合格」

おめでとうございます。

合格と同時に次の目標ができましたが、

情熱がその目標をクリアしていく雰囲気を感じさせる生徒さんでした。

もちろん楽しむことも忘れずにどんどん上手くなってくださいね。

当校の利用、ありがとうございました。

話は戻って、

今年もはや2か月が過ぎようとしていますが、

ざわざわ感と静けさが複雑にミックスされた2か月でした。

「新しい生活様式」とかをよく耳にしたはずですが、

その生活様式を新しく感じなくなった(なれた?)この頃。

やっぱり目標がないと情熱もわかないから、

遅ればせながら「今年の目標」を決めよかなって思う2月最後の週末。

山頂から見える白山、別山のように、

どーんと構えて、

考えてみます(笑)

明日は2月最終日。

スピード派には最高のコンディションとなりそうです。

※画像はすべて、2021年2月27日(土)撮影

自分を信じてトライ!

朝は冷え込みがなく、

日中は汗ばむくらいのポカポカ陽気の日曜日となりました。

ゲレンデコンディションは当然ザラメ~湿雪。

今日のスキー技術検定会には1名が参加。

何回も当校を利用していただいているお客様です。

もちろん目標は上位メダルのゲット。

ついに「その時が来た!」って感じで、

本日の検定受験を決意したようです。

使用ゲレンデは一部悪雪箇所もあるエリアで行われましたが、

スピード感ある滑りで見事に目標メダルをゲットしました。

おめでとうございます。

今回獲得したメダルと合格認定証は、

「自分を信じて検定の場に飛び込み、

今までの練習の積み重ねでつかみ取った、

自分への最高のプレゼント」。

そして「合格!」の響きは、

ご家族へのプレゼント。

スクールスタッフも練習過程をともに見てきているので、

全員で祝福していましたよ。

これからもご家族で楽しんでくださいね。

当校の利用、ありがとうございました。

価値あるスキー検定

SIA=(公益社団法人)日本プロスキー教師協会が公認するスキースクールで実施しているスキー技術検定は、

SIAが認定した検定員が「確かな目で」判断する価値ある検定です。

その価値ある検定に、本日1名のお子様に参加いただきました。

そのお子様はレベルアップのための目標と、メダルコレクションの両方を目的としているとの事。

本日は現在所持している2つのメダルの下部ランク2つを受験。

結果は、

合格!+合格!

※検定は2回に分けて行なわれました。

これからは上のメダルを目指すことになりますが、

とにかくスキーを楽しみながらうまくなってくださいね。

当校の利用ありがとうございました。

【お断り】

当校独自の規定として、1日に参加できる検定回数は、1回(1メダル)までとしていましたが、

2021年2月11日より、

現在所持しているメダルより上位メダルの受験は、当日の合否に関係なく1日1回まで、現在所持(当日合格分も含む)しているメダルの下部メダルであれば、1日に複数回(複数メダル)を受験出来るよう変更しました。

例:Jr.ブロンズを所持している場合、Jr.レッド、同イエロー、同グリーンの内の2つ以上を1日に受験できます。

今季、お問合せが多いためご要望に沿うかたちで変更しました。