ひるがの高原プロスキー&スノーボードスクール公式ページ(SIA公認校)

Sorry, this page is japanese only.
4/2(日)pm4:30
本日で、2017シーズンが終わりました。
たくさんの笑顔に感謝のシーズンとなりました。
当校の利用、ありがとうございました。
安全告知・免責

安全にスノースポーツを楽しみましょう!

  • ゲレンデでは小さなお子様から大人まで、またいろいろなレベルの方が楽しまれています。楽しみ方は様々ですが、各人がゲレンデにおけるルールやマナーを守ることにより、確実に安全性が高まります。特に滑走コース中央付近での休憩(座り込み)はやめましょう。転倒時には速やかに起き上がり、コースを開けましょう。
  • スピードオーバーはコントロールできない暴走につながり、ご自身の転倒や、人、立木、構造物への衝突等で大きなケガや事故に結びつくおそれがあります。現在のレベルやコースの状況にあったスピードで楽しみましょう。
    ※前(下方)を滑っている人がいる場合、後ろ(上方)の人は前者(下方)の滑走の邪魔にならない進路を選ぶ必要があります。
  • 体調万全で楽しみましょう。特に睡眠不足は注意力がうすれます。疲れを感じたら無理をせずレストハウス等で休憩しましょう。
  • 粉雪からアイスバーンへ、急激な気温の低下や天候急変、強い紫外線など、雪山特有の厳しい場面に遭遇するかもしれません。
    防寒や衝撃緩和等の身体保護用に、また視界確保や紫外線対策のために必ずスノースポーツ専用のウェアと装備(帽子やヘルメット、グローブ、ゴーグルやサングラス)をしましょう。
  • スキーやスノーボードは硬い材質でできており、その滑走面には鋭いエッジがついています。滑走中の人との衝突回避はもちろん、持ち歩く時もぶつけないよう十分注意しましょう。またストックを振り回したりしないようにしましょう。
  • 立ち入り禁止区域への侵入や滑走は禁止です。特に視界の悪い降雪時はコース内からでないように注意しながら滑走しましょう。
    またリフト搬器をゆすると、ご自身はもとより他の方にとっても大変危険ですのでやめましょう。
  • 万が一のために傷害保険と個人賠償責任保険に加入しておきましょう。(衝突時は相手の方へ賠償が必要となる場合もあります)
    加入済みの方は契約内容を確認しておきましょう。



 教育旅行
スキー・スノーボード実習

安全に楽しむために(PDF)
hiruganokougen_pro_safetyへのリンク
新しいページで開きます。

ダウンロードには、アドビリーダー(無償)が必要です。
Adobe Reader ダウンロード



免責事項について

ひるがの高原プロスキー&スノーボードスクール(以下、当校といいます)ではスクール開催にあたり、お客様への安全確保には細心の注意をはらっておりますが、以下の状況下で事故や損害等が発生した場合、当校が全責任を負うものではありません事をご了承のうえでスクールにご参加ください。
また、お客様所有品の盗難、他者とのトラブルについても同様とします。

  • 担当スタッフが事前に知るべきお客様への配慮を要する情報(現在の健康状況や、お客様特有の身体的、病的症状や特徴等)のお申し出がなかった場合。
  • 装備が不適切な場合や、使用器具に不備(ビンディングの解放強度の調整不備等)があった場合。
    ※ビンディングの解放がすべての安全を保障する訳ではありません。
  • 担当スタッフの注意や指示に従わない場合、ふざけたり勝手な行動とった場合。
  • 参加者や第三者の故意、または過失や不注意に起因する場合(自己転倒、衝突等含む)

現場での対応について

スクール参加中の発病やケガ、事故等には主にスキー場パトロール隊と協力して応急手当で対応し、その後はパトロール隊の所見や指示を参考とします。
なお参加者の安全確保のために一時、講習を中断します。参加者はスクールスタッフや関係者の指示に従って行動してください。※救護に協力をお願いする場合もあります。